RSS
 

蟹の数え方いろいろ

蟹の数え方は?

蟹の数え方に戸惑う方もいるのではないでしょうか?
蟹の数え方は独特であり、いつも同じ数え方をするとは限りません。

通常の場合、蟹は、一匹、二匹と数えて問題ありません。
しかし、食用として並べられた場合は、一杯、二杯と数えます。
イカと同じように数えるわけですね。
常に、一杯、二杯と数える方もいるので、それでも間違いではないと思います。

また、甲羅を外して足と肩の部分の半身を、「一肩、二肩(ひとかた、ふたかた)」と数えます。
さらに、地域によって蟹の数え方が変わることがあり、一盃や一枚、一つ、一個、一尾と数える地域もあります。
「どれが正解なの?」と思った方もいると思いますが、全て正解です。
一般的な数え方は、一匹や一杯ですが、それ以外にもいろいろな数え方をするということを覚えておくとよいと思います。

蟹の数え方はどうやって決まったの?

様々な数え方をする蟹ですが、その数え方はどうやって決まったのでしょうか?

江戸時代や明治時代には、蟹はたくさんとられており、今ほど値段も高価ではありませんでした。
そのため、漁師は、蟹を丸い桶などに入れて取引していたのですが、その名残が今に残り、一杯、二杯と数えるようになったそうです。
つまり、一匹づつの取引ではなく、桶に大量に入れて桶単位で取引していたので、桶一杯でいくら、というふうに売り買いしていたのです。

そう考えると、昔は手頃な値段で食べられていたカニも、現在では、非常に高級食材になってしまったのですね。