RSS
 

紅ズワイガニは、なぜ安い?

紅ズワイガニが安い理由は、味

紅ズワイガニは、ズワイガニという名前がついているのに、ズワイガニに比べて非常に安いことにギモンをお持ちの方が少なくないと思います。
紅ズワイガニは、見た目もズワイガニに似ていますし、大きさが変わらないものも多いですが、絶対的な違いは、その味にあります。

ズワイガニは、甘みやカニ本来の旨みが強く、殻に身がぎっしり詰まっているのですが、紅ズワイガニは、甘みがあるものの、ズワイガニにはかないません。
少し水っぽく、身入りが悪く少ないので、安いのです。

また、紅ズワイガニは、鮮度が落ちるのが早く、新鮮でおいしい状態を維持するのが難しいので、価格が安いのです。
また、漁獲できる時期も、ズワイガニに比べてかなり長いのも、価格が安い理由の一つでしょう。

紅ズワイガニは、どのくらい安いの?

紅ズワイガニは、ズワイガニに比べると非常に安く、5分の1ほどの価格で売られています。
中には、価格差が10倍ほどあるものもあり、ズワイガニの高いものになると、1kgあたり40000円もします。
それに比べて紅ズワイガニは、1kgあたり4000円ほどで買えるものもあるため、10分の1の価格ということになります。

ズワイガニに比べて非常に安い紅ズワイガニですが、中には身がしっかり入っているものもあり、価格以上においしいものもあります。
紅ズワイガニを購入する際は、持ってみてずっしりと重いもので、全体的に綺麗な紅色をしているものを選ぶとよいでしょう。

紅ズワイガニは、どれも安い?

紅ズワイガニは、ズワイガニに比べて安いカニですが、どれもが安いというわけではありません。
兵庫県の香住漁港は、ズワイガニの水揚げが多いですが、紅ズワイガニの水揚げも多い漁港です。
豊かな漁場を持ち、たくさんの水揚げがあるのですが、ここで獲れる紅ズワイガニは、特に良質で、味も身入りも良いので、一般的な紅ズワイガニよりも高めです。

香住漁港でとれた紅ズワイガニは、特に香住ガニと呼ばれ、白いタグがつけられています。
香住ガニは、紅ズワイガニの中でも特に美味しいカニであり、一般的なズワイガニよりも高めですが、おいしくて、ズワイガニよりも安く食べられるので、ぜひ味わってみてください。

ページトップへ