RSS
 

松葉ガニと越前ガニの違い

松葉ガニと越前ガニの違いとは?

松葉ガニと越前ガニは、どちらもズワイガニのことであり、全く同じ種類のカニなので、違いはないのでは?と思っている方もいると思います。
ズワイガニは、産地によって呼び方が変わるので、松葉ガニと越前ガニは、産地が違うだけでは?と思いがちですが、それだけではありません。

確かに、松葉ガニは、山陰地方でとれるズワイガニのことで、越前ガニは、北陸地方でとれずズワイガニのことであり、産地によって呼び方が変わってはいますが、同じズワイガニのことです。
しかし、とれる産地が違えば、味も違ってきます。

松葉ガニは、さっぱりとした繊細な味であるのに対し、越前ガニは、味が濃く、濃厚な味と表現される方が多いようです。
いずれも甘み、旨み、身入りの良さは申し分ないカニなのですが、さっぱりと濃厚という味に違いがあるようです。

また、つけられているタグも違います。
松葉ガニには、とれる産地によって細かくタグの色が分けられていますし、越前ガニにもタグがつけられているので、どこでとれたカニかすぐにわかります。

調理法に違いはある?

松葉ガニも越前ガニも、同じズワイガニであり、甘みもカニ本来のうまみも、身入りもぎっしり詰まっているので、どんな調理法でも美味しく食べることができ、調理法に違いはありません。
活きた状態で購入するのであれば、カニ刺しやカニしゃぶ、焼きガニが美味しいですし、ボイルした状態のものを購入するのであれば、そのまま食べても十分おいしいカニです。
鍋物でも、てんぷらにしてもおいしいですので、好みの調理法で楽しめば良いと思います。