RSS
 

タラバガニと毛ガニの違い

タラバガニと毛ガニの違いとは?

タラバガニも毛ガニも、非常においしいカニであり、どちらも人気が高いですが、見た目はもちろん、大きさや味、価格などに違いがあります。
タラバガニは、大型のカニであり、食べられるカニの中でも最も大きいですが、毛ガニは、小ぶりのカニで、大きさはかなりの違いがあります。

タラバガニは、脚が太く、身がぎっしり詰まってかなり食べ応えがあり、脚は8本です。
それに比べて毛ガニは、脚が短くそんなに太くはないので、タラバガニに比べたら身の量は少なく、脚は8本です。

毛ガニは、身の量はそう多くはありませんが、タラバガニよりもカニの旨みが濃く、甘みも強いので、非常においしいカニです。
タラバガニは、カニみそは通常食べませんが、毛ガニは、カニみそがとてもおいしいカニです。
カニみそを目当てに毛ガニを食べる方も少なくありません。

調理法に違いはある?

タラバガニと毛ガニは、大きさも味も違いがあるカニですから、美味しく食べるには、調理法もかえた方が良いでしょう。

タラバガニは、毛ガニに比べて淡白な味なので、ボイルして食べるよりも、鍋物にして食べるのがオススメです。
また、ボリュームがあるので、焼きガニも美味しいと思います。
焼きガニにする時に、バターや醤油を少したらして焼くと、より美味しく食べることができます。
淡白な味なので、濃い目の味付けが合うようです。

毛ガニは、カニの中も特にカニみそが美味しいので、カニみそを生かした食べ方がオススメです。
ボイルしてそのままカニみそを味わうのも良いですし、身も甘みがあってすごく美味しいので、そのままでも十分おいしく食べられると思います。
毛ガニを美味しく食べたいなら、やはりボイルが良いですね。

また、活けの状態で毛ガニを購入すれば、刺身も食べられます。
甘みやカニ本来の旨みが濃いので、刺身は非常においしいと思いますよ。