RSS
 

タラバガニとズワイガニの違い

タラバガニとズワイガニの違いとは?

タラバガニもズワイガニも、とてもおいしく人気があるカニですが、様々な点で違いがあります。
どちらもゆでガニや焼きガニ、しゃぶしゃぶ、鍋物と、様々な調理法で楽しむことができるカニですが、まず見た目が大きく異なります。

タラバガニは、体全体が大きく脚がとても太いのが特徴であり、脚は8本です。
それに比べてズワイガニは、体のサイズは小さめですが、脚が細く長いのが特徴であり、脚は10本です。
タラバガニは、カニではなくヤドカリの仲間ですから、脚が8本ですが、ズワイガニは、カニなので足が10本であり、この点が大きな違いです。

また、タラバガニは、大きな甲羅にトゲがたくさんありますが、ズワイガニは、甲羅が小さくツルっとしています。
味の面でも違いがあり、タラバガニは淡白で、脚が太くぷりぷりしているので食べ応えがあるカニですが、ズワイガニは、非常に甘みが強く、繊細でカニ本来の旨みがギュッと凝縮されています。

タラバガニは、基本的にカニみそは食べませんが、ズワイガニは、カニみそが非常においしいカニです。

調理法に違いがある?

タラバガニもズワイガニも、様々な調理法で楽しめるカニであり、どちらも美味しく食べることができるのですが、肉質や味に違いがあるので、適した調理法も異なります。

タラバガニは、大ぶりな身でぷりぷりしていておいしいのですが、やや淡白な味なので、ボイルしてそのまま食べるよりも、鍋で楽しむほうが美味しく食べられると思います。
ズワイガニは、甘みが強く、カニ本来の旨みが濃いので、ボイルしてそのまま食べたり、カニしゃぶで食べるのが美味しいと思います。

どちらも焼きガニでも美味しく食べられますが、ズワイガニは、カニみそも非常においしいので、カニみそにつけながら食べたり、甲羅にカニみそと身を入れて焼いて食べると格別です。
刺身で食べるなら、ズワイガニのほうが美味しいと思います。