RSS
 

せこ蟹(せいこ蟹)

せこ蟹とは?

せこ蟹とは、ズワイガニのメスのことです。
せこ蟹は、山陰地方(京都府、福井県、兵庫県、鳥取県)で呼ばれる名称で、せいこ蟹と呼ばれることもあります。

ズワイガニのメスもオスと同様、産地によって呼び方が異なり、山陰地方ではせこ蟹ですが、丹後地方では「こっぺ」、鳥取県では「親ガニ」、石川県では「コウバコ」と呼ばれます。

せこ蟹が美味しい時期は?

せこ蟹は、どの地域でも漁獲できるというものではありません。
産地によっては、オスのみしか漁獲できないので、ズワイガニのメスは、どこでも味わえるというものではありません。
せこ蟹がとれるのは、北陸から山陰にかけての日本海側だけで、世界的にみてもこの地方だけでしか、漁獲が許可されていな貴重なカニなのです。

せこ蟹の漁獲時期は、11月6日から12月31日までのわずか2ヶ月間だけであり、美味しい時期・味わえる時期は、この2ヶ月間です。
新鮮でおいしいせこ蟹を味わえるのは、この時期なので、ぜひ味わっていただきたいです。

せこ蟹の美味しい食べ方

せこ蟹は、ズワイガニのオスに比べて大きさが小さく、食べる部分が少ないのですが、内子と外子、カニみそがおいしいカニです。
外子は、プチプチとした食感がおいしいですし、カニみそもコクがあって非常においしいです。
脚にもしっかり身が詰まっており、甘みもあってすごく美味しいので、ゆでたてが最もおいしいと思います。

オスに比べて価格が安いので、美味しい時期に買って、たっぷり堪能してください。