RSS
 

松葉ガニ

松葉ガニとは?

松葉ガニとは、ズワイガニと同じ種類のカニです。
ズワイガニは一般名称なのですが、とれる産地によって呼び方が変わり、松葉ガニは、山陰・日本海側(島根県、鳥取県、兵庫県、京都府)で水揚げされたズワイガニの総称なのです。

松葉ガニは、さらにその土地でとれたものに地域名をつけて、独自のブランドとして、それぞれタグをつけて売られています。
松葉ガニは、ズワイガニの雄のことを差し、身のしまりが良く、非常においしいカニです。

松葉ガニという名前の由来は、細長くすらっとした脚の形や、脚の筋肉が松葉に見えることからのようです。
また、漁師が浜辺で松葉を焼いて焼きガニとして食べたことから、そう呼ばれるようになったという説もあります。

松葉ガニにはどのようなものがある?

松葉ガニには、単に松葉ガニと呼ばれるものの他に、隠岐松葉ガニと鳥取松葉ガニと呼ばれるものもあります。
隠岐松葉ガニは、鳥取県の隠岐諸島近海でとれた松葉ガニのことで、その中でも特に、一定の品質・大きさ以上のもののことです。

隠岐松葉ガニには、青地のタグがつけられています。
鳥取松葉ガニは、鳥取県で水揚げされたズワイガニのことです。
鳥取松葉ガニは、白地に赤色のタグがつけられており、松葉ガニの水揚げが非常に多いことでも有名です。

水ガニも松葉ガニ?

水ガニをご存知の方もいると思いますが、水ガニも松葉ガニも同じズワイガニの雄です。
水ガニも松葉ガニと同じなのに、なぜ値段は、松葉ガニのほうがはるかに上なのでしょうか?

水ガニとは、脱皮してからあまり月日が経っていないオスガニのことであり、甲羅を含め身体全体が柔らかく、ハサミや脚の身入りが少なく、カニみそも少ないので、松葉ガニのほうが高価なのです。

水ガニも脱皮をしてから1年以上経過すると、甲羅も硬くなり、身入りも多くなって松葉ガニになります。
つまり、水ガニは、若いズワイガニのことで、松葉ガニは成熟したズワイガニのこということです。

ページトップへ