RSS
 

花咲ガニって、どんな蟹?

花咲ガニとは?

通販で買えるカニの種類の一つに、花咲ガニがあります。
花咲ガニは、タラバガニと間違われることで有名ですが、タラバガニと同じタラバガニ科に属し、カニではなく、ヤドカリの仲間です。
大型の甲殻類であり、タラバガニとよく似ていますが、大きさはタラバガニのほうが大きいです。

ベーリング海やオホーツク海沿岸、サハリン、千島列島、北海道周辺に分布しています。
水深200mと、比較的浅い所に住んでいます。
漁獲されるのは、甲長8cm以上のオスだけです。

花咲ガニの名前の由来は、漁獲地となっている「花咲」に由来すると言われていますが、ゆでた時に真っ赤になって、花が咲いたように見えるから、そう呼ばれるという説もあるようです。
ボリュームがあり、美味しいカニであるため、人気があります。

花咲ガニの美味しい食べ方

花咲ガニは、見た目はタラバガニに似ていますが、味は油分が多く、濃厚なので、生で食べるにはあまり向いていないようです。
塩ゆでや、塩焼きで食べるのが美味しいと思います。

また、花咲ガニの食べ方で美味しいとされているのが、「鉄砲汁」です。
沸騰したお湯に、ぶつ切りにした花咲ガニの脚を入れ、味噌とネギ、豆腐をいれたものです。
すごく簡単に作ることができ、最も美味しい食べ方と言われています。

花咲ガニは、殻がとても固く、トゲが多く痛いので、料理をする際は、キッチンバサミを使ったほうが良いと思います。