RSS
 

松葉ガニと越前ガニの違い

松葉ガニと越前ガニの違いとは?

松葉ガニと越前ガニは、どちらもズワイガニのことであり、全く同じ種類のカニなので、違いはないのでは?と思っている方もいると思います。
ズワイガニは、産地によって呼び方が変わるので、松葉ガニと越前ガニは、産地が違うだけでは?と思いがちですが、それだけではありません。

確かに、松葉ガニは、山陰地方でとれるズワイガニのことで、越前ガニは、北陸地方でとれずズワイガニのことであり、産地によって呼び方が変わってはいますが、同じズワイガニのことです。
しかし、とれる産地が違えば、味も違ってきます。

松葉ガニは、さっぱりとした繊細な味であるのに対し、越前ガニは、味が濃く、濃厚な味と表現される方が多いようです。
いずれも甘み、旨み、身入りの良さは申し分ないカニなのですが、さっぱりと濃厚という味に違いがあるようです。

また、つけられているタグも違います。
松葉ガニには、とれる産地によって細かくタグの色が分けられていますし、越前ガニにもタグがつけられているので、どこでとれたカニかすぐにわかります。

調理法に違いはある?

松葉ガニも越前ガニも、同じズワイガニであり、甘みもカニ本来のうまみも、身入りもぎっしり詰まっているので、どんな調理法でも美味しく食べることができ、調理法に違いはありません。
活きた状態で購入するのであれば、カニ刺しやカニしゃぶ、焼きガニが美味しいですし、ボイルした状態のものを購入するのであれば、そのまま食べても十分おいしいカニです。
鍋物でも、てんぷらにしてもおいしいですので、好みの調理法で楽しめば良いと思います。

本ズワイガニと紅ズワイガニの違い

本ズワイガニと紅ズワイガニの違いとは?

本ズワイガニも紅ズワイガニも、ズワイガニという名前が付いているので、あまり違いがないのでは?と思っている方もいると思いますが、本ズワイガニと紅ズワイガニには大きな違いがいくつもあります。
この違いを知っておかないと、美味しいカニを適正価格で食べることができないので、ぜひ知っておいてください。

まず、本ズワイガニと紅ズワイガニとでは、値段が全く違います。
本ズワイガニは、とても高いカニですが、紅ズワイガニは非常にお手頃な値段で買うことができます。

その理由の一つが、味です。
本ズワイガニは、引き締まった身が、ぎっしり詰まっており、甘みが強く、いくらでも食べられるほど、非常においしいカニです。
それに比べて紅ズワイガニは、殻に対してそれほど身が詰まっておらず、甘みがあるものの、少し水っぽいカニです。
その味の違いが、値段を大きく左右しているのです。

また、生息地にも違いがあり、本ズワイガニは、日本海の大陸棚の水深200m〜400mのところに生息していることが多いのですが、紅ズワイガニは、日本海の深海の水深500m〜2500mのところに生息しています。

漁獲時期も異なり、本ズワイガニが11月6日から3月20日までに対し、紅ズワイガニは、9月1日〜6月30日となっています。
つまり、本ズワイガニの旬は、冬から春先にかけてですが、紅ズワイガニの旬は、秋から初夏にかけてということです。

本ズワイガニと紅ズワイガニは調理法も違う?

本ズワイガニは、どのような調理法でもおいしく食べられるカニですが、カニ刺しやカニしゃぶで食べるのがオススメです。
甘みや旨みを存分に味わうことができ、カニ本来の味を堪能できます。
また、カニみそも美味しいですし、脚に身がぎっしり詰まっているので、ボイルしてそのまま食べたり、焼きがにも美味しいです。

それに比べて紅ズワイガニは、鮮度に左右されるカニであり、とれたての新鮮なものであれば、ボイルしてそのまま食べても十分おいしく食べることができます。
紅ズワイガニの中でも香住漁港でとれた紅ズワイガニは、ブランドガニとして売られるほど味も品質も良いので、ボイルしたり、鍋物としても美味しく食べられると思います。

ズワイガニと毛ガニの違い

ズワイガニと毛ガニの違いとは?

ズワイガニと毛ガニの違いですが、まず、見た目が全く違います。
ズワイガニは、脚が非常に長く、脚を広げると70cmほどですが、毛ガニは、脚が短く、全体的にずんぐりとした見た目です。

甲幅はあまり変わりませんが、毛ガニの方が若干大きく、分厚いです。
ズワイガニの甲羅はつるつるしていますが、毛ガニは全体に短い剛毛がトゲのように生えています。

生息している場所にも違いがあり、ズワイガニが、水深50m〜1200mのところに生息していることに対し、毛ガニは、水深30m〜200mのところに生息しており、毛ガニのほうが浅い所に住んでいます。
呼び方にも違いがあり、ズワイガニは、漁獲される産地によって呼び方が変わるのに対し、毛ガニは変わりません。

漁獲される時期にも違いがあり、ズワイガニは、例年11月6日から翌年3月20日までしか漁ができないのですが、毛ガニは、漁獲地は変わりますが、通年漁が可能であるため、新鮮な毛ガニを1年中食べられます。

ズワイガニと毛ガニの調理法は違う?

ズワイガニと毛ガニは、大きさはもちろん、味にも違いがあります。
どちらも脚もカニみそも食べることができ、非常においしいカニですが、ズワイガニは、その足の長さ、身入り、旨み、甘みなどを生かした食べ方がオススメです。

まず、何といっても外せないのが刺身です。
口の中で広がる甘み、とろけるような口当たりは格別です。
活きズワイガニを楽しむなら、刺身はぜひ味わっていただきたいです。

また、さっと熱を加えると、さらに甘みが引きたり、プリッとした食感が楽しめるので、カニしゃぶもオススメです。
カニしゃぶが最も美味しく食べられるのがズワイガニであり、一度食べれば病みつきです。
ズワイガニは、ボイルも焼きがにも美味しいカニであり、どんな調理法でも美味しく食べられます。

毛ガニは、カニみそが非常においしいカニですので、ボイルで食べるのがオススメです。
塩ゆでして、脚と甲羅に分けて一気にカニみそをほうばるのが、最も美味しい食べ方ではないでしょうか?

脚の身は多くはありませんが、甘みも旨みもたっぷりですので、そのまま美味しく食べられます。
カニみそがたっぷりあるので、甲羅の中に少しお酒を入れてカニみそと一緒に飲むのも美味しいと思います。

タラバガニと毛ガニの違い

タラバガニと毛ガニの違いとは?

タラバガニも毛ガニも、非常においしいカニであり、どちらも人気が高いですが、見た目はもちろん、大きさや味、価格などに違いがあります。
タラバガニは、大型のカニであり、食べられるカニの中でも最も大きいですが、毛ガニは、小ぶりのカニで、大きさはかなりの違いがあります。

タラバガニは、脚が太く、身がぎっしり詰まってかなり食べ応えがあり、脚は8本です。
それに比べて毛ガニは、脚が短くそんなに太くはないので、タラバガニに比べたら身の量は少なく、脚は8本です。

毛ガニは、身の量はそう多くはありませんが、タラバガニよりもカニの旨みが濃く、甘みも強いので、非常においしいカニです。
タラバガニは、カニみそは通常食べませんが、毛ガニは、カニみそがとてもおいしいカニです。
カニみそを目当てに毛ガニを食べる方も少なくありません。

調理法に違いはある?

タラバガニと毛ガニは、大きさも味も違いがあるカニですから、美味しく食べるには、調理法もかえた方が良いでしょう。

タラバガニは、毛ガニに比べて淡白な味なので、ボイルして食べるよりも、鍋物にして食べるのがオススメです。
また、ボリュームがあるので、焼きガニも美味しいと思います。
焼きガニにする時に、バターや醤油を少したらして焼くと、より美味しく食べることができます。
淡白な味なので、濃い目の味付けが合うようです。

毛ガニは、カニの中も特にカニみそが美味しいので、カニみそを生かした食べ方がオススメです。
ボイルしてそのままカニみそを味わうのも良いですし、身も甘みがあってすごく美味しいので、そのままでも十分おいしく食べられると思います。
毛ガニを美味しく食べたいなら、やはりボイルが良いですね。

また、活けの状態で毛ガニを購入すれば、刺身も食べられます。
甘みやカニ本来の旨みが濃いので、刺身は非常においしいと思いますよ。

タラバガニとズワイガニの違い

タラバガニとズワイガニの違いとは?

タラバガニもズワイガニも、とてもおいしく人気があるカニですが、様々な点で違いがあります。
どちらもゆでガニや焼きガニ、しゃぶしゃぶ、鍋物と、様々な調理法で楽しむことができるカニですが、まず見た目が大きく異なります。

タラバガニは、体全体が大きく脚がとても太いのが特徴であり、脚は8本です。
それに比べてズワイガニは、体のサイズは小さめですが、脚が細く長いのが特徴であり、脚は10本です。
タラバガニは、カニではなくヤドカリの仲間ですから、脚が8本ですが、ズワイガニは、カニなので足が10本であり、この点が大きな違いです。

また、タラバガニは、大きな甲羅にトゲがたくさんありますが、ズワイガニは、甲羅が小さくツルっとしています。
味の面でも違いがあり、タラバガニは淡白で、脚が太くぷりぷりしているので食べ応えがあるカニですが、ズワイガニは、非常に甘みが強く、繊細でカニ本来の旨みがギュッと凝縮されています。

タラバガニは、基本的にカニみそは食べませんが、ズワイガニは、カニみそが非常においしいカニです。

調理法に違いがある?

タラバガニもズワイガニも、様々な調理法で楽しめるカニであり、どちらも美味しく食べることができるのですが、肉質や味に違いがあるので、適した調理法も異なります。

タラバガニは、大ぶりな身でぷりぷりしていておいしいのですが、やや淡白な味なので、ボイルしてそのまま食べるよりも、鍋で楽しむほうが美味しく食べられると思います。
ズワイガニは、甘みが強く、カニ本来の旨みが濃いので、ボイルしてそのまま食べたり、カニしゃぶで食べるのが美味しいと思います。

どちらも焼きガニでも美味しく食べられますが、ズワイガニは、カニみそも非常においしいので、カニみそにつけながら食べたり、甲羅にカニみそと身を入れて焼いて食べると格別です。
刺身で食べるなら、ズワイガニのほうが美味しいと思います。