RSS
 

花咲ガニって、どんな蟹?

花咲ガニとは?

通販で買えるカニの種類の一つに、花咲ガニがあります。
花咲ガニは、タラバガニと間違われることで有名ですが、タラバガニと同じタラバガニ科に属し、カニではなく、ヤドカリの仲間です。
大型の甲殻類であり、タラバガニとよく似ていますが、大きさはタラバガニのほうが大きいです。

ベーリング海やオホーツク海沿岸、サハリン、千島列島、北海道周辺に分布しています。
水深200mと、比較的浅い所に住んでいます。
漁獲されるのは、甲長8cm以上のオスだけです。

花咲ガニの名前の由来は、漁獲地となっている「花咲」に由来すると言われていますが、ゆでた時に真っ赤になって、花が咲いたように見えるから、そう呼ばれるという説もあるようです。
ボリュームがあり、美味しいカニであるため、人気があります。

花咲ガニの美味しい食べ方

花咲ガニは、見た目はタラバガニに似ていますが、味は油分が多く、濃厚なので、生で食べるにはあまり向いていないようです。
塩ゆでや、塩焼きで食べるのが美味しいと思います。

また、花咲ガニの食べ方で美味しいとされているのが、「鉄砲汁」です。
沸騰したお湯に、ぶつ切りにした花咲ガニの脚を入れ、味噌とネギ、豆腐をいれたものです。
すごく簡単に作ることができ、最も美味しい食べ方と言われています。

花咲ガニは、殻がとても固く、トゲが多く痛いので、料理をする際は、キッチンバサミを使ったほうが良いと思います。

毛ガニって、どんな蟹?

毛ガニとは?

通販で買えるカニの種類の一つに、毛ガニがあります。
毛ガニは、エビ目カニ下目クリガニ科に分類されるカニの一種で、北海道で主に獲れるカニです。
北西太平洋に広く分布し、大型で、非常においしいカニです。
別名オオクリガニと呼ばれます。

高級食材として知られ、高額で取引されることも多い毛ガニですが、甘みが強く、身もカニみそもとてもおいしいので、非常に人気があります。
カニの中で、毛ガニが一番好きという人も少なくありません。
オスのほうが大きく、脱皮の周期は1年、メスの場合は、2年〜3年になります。
漁獲されるのは、甲長8cmを超えるオスだけです。

毛ガニの美味しい食べ方

毛ガニは、身もカニみそも非常においしいので、ボイルしてそのまま食べるのが一番おいしいと思います。
ズワイガニやタラバガニに比べると小ぶりで、食べる部分も少ないですが、とてもおいしい上に、カニみその部分が多いので、身をほぐしてカニみそと一緒に食べるのがオススメです。

焼いて食べるのも美味しいですし、三杯酢やレモン、ワサビ醤油につけて食べてもおいしいです。
通販では、ボイルしたものと生のものを買うことができますが、活け毛ガニを買った場合は、すぐに食べない場合でも、届いたらすぐにボイルしないと味が落ちてしまいます。

ボイルするときは、海水程度の塩加減の水を沸騰させ、甲羅を下向きに落としブタをしてゆでます。
ゆで時間は、15分〜20分程度です。
ゆでたてを食べるのが一番おいしいですが、冷蔵で2日、冷凍すれば3週間もちます。
一度解凍した毛ガニは、再冷凍してはいけません。

毛ガニの類似種

毛ガニと似ている種類のカニに、クリガニやトゲクリガニなどがあります。
毛ガニに似ていますが、味は、毛ガニのほうがおいしいです。
産地が異なり、毛ガニよりも浅い海域に生息し、毛ガニと異なり、メスも流通しています。

毛ガニは、別名オオクリガニと呼ばれるので、名前も似ていますが、違うカニですので、飼うときは注意が必要です。

タラバガニって、どんな蟹?

タラバガニとは?

通販で買えるカニの種類の一つに、タラバガニがあります。
産地まで出かけて食べるのはもちろんおいしいですが、通販でも鮮度が良い、おいしいタラバガニをお取り寄せすることができます。

タラバガニは、見た目に迫力があるカニですが、タラバガニってどんな蟹か、具体的にご存知でしょうか?
タラバガニは、タラバガニ科、タラバガニ属に分類される甲殻類の一種であり、カニの名前がついていますが、カニ類ではなく、ヤドカリの仲間です。

日本海やオホーツク海、ベーリング海を含む北太平洋と北極海のアラスカ沿岸、ガラパゴス諸島、チリ、アルゼンチン付近に分布しており、足を広げると1m以上にもなる大型甲殻類です。
食用として流通する際は、ゆでられた状態のものが多く、カニみそは食べません。
生のものを購入して調理する際は、ゆでたてで温かいうちであれば、カニみそも食べられます。

タラバガニは、生息域が、タラの漁場(鱈場)と重なることに由来しています。
「鱈場蟹」と古くは呼ばれていたものが、そのまま名前として使用されています。

タラバガニのおいしい食べ方

タラバガニは、どんな食べ方でもおいしく食べることができるのですが、通販で買えるタラバガニの多くが、ボイルされたものになっています。
獲れてすぐボイルされて急速冷凍されて届くものが多いので、届いてすぐ解凍してそのまま食べるのが美味しいと思います。
殻をはずして、ポン酢やレモンなどをつけて食べれば格別です。

生のものを購入する際は、刺身でも食べられますが、加熱したほうが甘みが強く、繊維質を気にせず食べられます。
焼きがにも美味しいですが、自宅で生のものをゆでて、ゆでたてを味わうのもおいしいです。

ゆでる時は、必ず沸騰したお湯でゆでます。
1リットルあたり大さじ3杯くらいの塩を入れ、塩を入れてから再沸騰した中に入れて、20分〜35分程度ゆでます。
大きさによってゆで時間を調節してください。

内臓が入った状態のものが届いた場合は、15分程度長めにゆでるようにしましょう。
ゆでてすぐに食べない場合は、内臓は取り除いてゆでたほうが良いです。

タラバガニは、オスとメスどちらがおいしい?

結論からいうと、タラバガニは、オスのほうがおいしいです。
メスは、卵をもち、卵に栄養がとられるので、オスのほうが身がしっかり詰まって甘みがあり、美味しいので、オスのほうを選びましょう。

オスとメスの見分けがつかないという方も多いと思いますが、日本では、メスを獲ることが禁止されているので、国産のタラバガニを選べば、オスということになります。
ただし、販売に制限はないので、輸入されたタラバガニの場合、オスもメスもありますので、選ぶときは注意しましょう。

ズワイガニって、どんな蟹?

ズワイガニとは?

冬の味覚の代表的なものに、ズワイガニがあります。
ズワイガニというと、高級食材の一つであり、現地までわざわざ食べに行く人が少なくありませんが、通販でも買うことができます。
通販でも鮮度が良く、おいしいズワイガニ買えますが、そもそもズワイガニってどんな蟹かご存知でしょうか?

ズワイガニは、甲殻綱十脚目、短尾類、クモガニ科に分類されます。
山陰からオホーツク海までの日本海に分布されていますが、太平洋側の銚子以北にも生息しています。
日本だけでなく、アラスカやグリーンランド沿岸にもおり、水深200m〜400mの海底にいます。

それが、冬の産卵期になると浅場に移動してきます。
成熟するのに8年〜10年かかると言われており、オスとメスでは呼び方が異なり、ズワイガニはオスを差します。
また、水揚げされる地方によって呼び方が変わります。

なぜズワイガニって呼ばれるの?

ズワイガニは、「楚蟹」と書き、「楚」という感じは、昔は「すわえ」と読まれており、なまって「ずわい」と使われていたようです。
また、脚の割には頭が小さいという意味で、頭矮(ずわい)」と呼ばれるようになったという説や、カニは痛みが早いため、酢であえて食べるのが一般的であるため、「すあえ」がなまって「ズワイ」になってという説もあります。

美味しい食べ方

ズワイガニは、カニの中でも身がしっかりしまっていて味わい深く、美味しいカニです。
どんな調理法でもおいしく食べることができるのですが、やはりボイルと刺身は格別でしょう。

刺身にすると、甘みととろけるような味わいを楽しむことができます。
ボイルもとてもおいしいですが、美味しく食べるためのゆで方をご紹介します。

大きな鍋に海水程度の濃さの塩水を用意し、冷たい状態の中にカニを入れてゆでます。
この時、カニは裏返しにゆでるのがポイントです。

ゆで時間は、大きめのもので、沸騰してから25分、小さめん物で20分程度です。
ゆで時間が短いと、冷めてから甲羅が紫色になることがあるので、若干長めのほうが良いかもしれません。
ゆでて冷凍したものを購入した場合は、ゆで直さず、解凍してそのまま食べましょう。

ページトップへ